2013年3月24日
シアトルからの便り( 会報より )  GS-OB 木田 節子 
娘の留学に家族でともない移住しました。主人も仕事を移らねばなら
なかったので家族でシアトルへの移住は良いチャンスとなりました。
私は日本でもトリマー(犬の美容師)をしていたので、シアトルでは
最初は友人のワンコ達をカットしていました。アメリカではどんなカット
をするのか勉強したくなりグルーミングスクールへ通いました。
アメリカでもライセンスもとる事が出来、アルバイト先も紹介して頂き
ましたが英語の出来ない私はそれはもう大変な毎日でした。
日本人の友人の紹介で獣医さんで働く事になりましたが、6ヶ月で
グルーミングは閉める事になり私はお店を開く事になった次第です。
もちろんまだ英語はうまく話せませんでしたが、娘の手助けもあり
どうにかここまで来る事が出来ました。今年の5月で9年目になります
がやっとお客様と楽しく会話も出来るようになりました。
 2008年には主人が心筋梗塞で天国へ行ってしまいましたが、お客様と友人のささえがあった
のでここまでくることができたこと感謝しております。昨年には腰にひびがはいり6週間ベッドの
上での生活となりましたが娘やお客様、ご近所のみなさんが食事を届けてくださったり腰は痛かっ
たのですが皆さんの暖かさをたくさんいただきました。今はまだ腰が痛いので1日3匹しか出来
ませんが、毎日新しいお客様からお電話いただき申し訳ないと思う反面とっても嬉しく思います。
ここシアトルでなければこんなにもみなさんに感謝されるような生活は無かったんではないかなー
と思うこのごろです。 

2012年12月01日 FaceBookから投稿 
  BS 清水 康輝
  本日を持ちまして、「スタジオ・スペース」を閉じました。
 これまでのご厚情深謝いたします。ありがとうございました。
 また写真のお仕事をこれからも続けられる事を感謝です。

2012年10月28日 投稿・便り  
 BS 鈴木 隆一さんから投稿 
 昨日の霊南坂教会バザー開催中に息子達三人が、初級章の授与式をして頂きました。
 さあ~ ! 次は二級章めざしてがんばれよ !
 本人は凄くヤル気が有り、昨日も朝五時から起きて、制服に着替えていました。! 感謝です !
 
    

2012年10月5日 投稿・便り(会報より) 
 ヨット・こてまり号航海記  GS-OG関山 真理子
    

  

 リタイアしたらヨットで世界を旅しないかと提案されたのが55 歳の時。それまでにも何度か
船酔いに悩まされていた私には楽しい計画とは思えませんでしたが、元気なうちにこんな
旅が出来る事、そして主人にはヨットの経験も長くスキルもある。世界一周等と大袈裟に
構えずいつでも旅を辞めることを条件に2010年定年と共に計画を進めることになりました。
スペインで船を購入。2011 年6 月にコスタデルソルのアルメリマルから念願のクルージング
をスタートしました。バレアレス諸島を始めに、コルシカ、サルディニア、シチリアへ、イオニア
海を渡りギリシャ、エーゲ海に入りイスタンブール、南下してトルコのディディムまで。
エーゲ海の強風には疲れました。全てが順風満帆とはいきませんでしたが4 ヶ月半、6000 キロ
の旅を無事終え帰国しました。そして地中海2 年目のクルージングを4 月にスタートし6 月末
までEMYR(東地中海ヨットラリー)に参加。参加艇33 艇、欧米が主ですがNZ、AU 等100 人程
の仲間達とのクルージングです。個人ではとても立ち寄ることが難しいシリア、レバノン、
イスラエル、エジプトまでの予定でしたが残念ながら今回は中東の政情不安も重なり、キプロス
、イスラエルにしか行くことが出来ませんでした。しかし楽しい仲間達との交流は貴重な体験
となりました。
 そんな旅の中、イスラエルで突然ブラウニーの頃の記憶が蘇りました。ヨットクラブの家庭に
夕食に招かれ、息子さんがシースカウトの活動をしていると聞かされた時、私の記憶に間違い
がなければ霊南坂にもBSとは違った制服を着たスカウト達がいた事。そしてマリアの受胎告知
教会を訪れた時には、クリスマスの出し物でイエス誕生時のオペレツッタを演じたことが思い
出されました。私にとって長年GS で培った、「スカウティングはゲームである」「BePrepared
(備えよ常に)」の精神はこのクルージングでも十分に発揮されています。スカウト活動に感謝です。
皆さんがこの原稿を読まれる9 月頃にはアドリア海のクロアチアをクルージングしていること
でしょう。そして来年もう1年地中海を旅し大西洋を渡りカリブ海へと旅は続く予定です。
楽しみながらそして安全に、を心がけて。是非ブログもご覧いただければと思います。

ブログ http://pub.ne.jp/ksek0408/
                                      2012.8. ギリシャ、ピレウスにて

2012年8月1日 投稿・便り  
  ガールスカウト、リーダー.備後千春さんのコンサート
 

ガールスカウト、リーダー.備後千春(びんごちはる)さんのコンサート。
Chiharu Bingo & Takaaki Iwasaki Summer Concert 2012

Over The Rainbow
―虹の彼方に


  ♪0歳からのコンサート Vol.2

   虹の彼方に青い鳥の住む国がある
   そこではどんな夢も願えば叶う…
   和太鼓 わらべうた 唱歌 童謡 
   日本歌曲 クラシック ミュージカル
   七色の音楽で虹の彼方へと誘います


Binngo1


Binngo2_2
日時:2012年8月21日(火)
   18:30 開演 / 18:00 開場
場所:めぐろパーシモンホール


出演:備後 千春 [ソプラノ]
   岩崎 孝昭 [エレクトーン]
   夢魅Gachi [ゲスト出演・和太鼓]
   水谷弥生  [企画・編曲・和太鼓・パーカッション]


プログラム:
 夏は来ぬ
 うみ
 村祭
 バスごっこ
 こぶたぬきつねこ
 アイアイ
 美女と野獣メドレー
 月の光/ドビュッシー
 私のお気に入り
 ドレミの歌
 Over The Rainbow
 ほか


お問い合わせ・チケットのご予約は
備後千春(びんごちはる)までご連絡下さい。
info_p@yadanuki.sakura.ne.jp

 2012年5月27日 投稿・便り 
音楽会のご招待 吉田進  
音楽会のご招待 吉田 進

  霊南坂スカウトクラブの皆様をご招待させて頂きたいと思います。

   洗足学園大学マスターズコンサート
      今ごろのパリ~パリ祭と吉田進の世界~
      2012年6月21日(木)18時半開演
              於・洗足学園前田ホール


            
    お手数で恐縮ですが、直接僕宛にメールにてお申込頂ければ幸いに存 じます( susumusic@free.fr )。
    折 返 し、確認のメールを差し上げます。なお、勝手ながら先着5名様とさせて頂きますのでご了承下さい。
 ガールスカウト リーダ 備後千春さんのコンサートのご案内

ガールスカウト、リーダー.備後千春(びんごちはる)さんのコンサート。


Chiharu Bingo &  Takaaki Iwasaki Spring Concert 2012
         日本の歌~春の夜に~


春霞の中で花を見るような 優しい日本語の響き
美しい旋律にのせて そこにある光と影を歌う
唱歌 童謡 日本歌曲 長唄 日本語の魅力をお届けします


日時:2012年4月18日(水)
   18:30 開演 / 18:00 開場
場所:MUSICASAムジカーザ


出演:備後 千春(貴音 康春)[ソプラノ・三味線]
   岩崎 孝昭 [エレクトーン]
   里地帰   [二胡]
   貴音 康寿 [長唄]
貴音 康花乃[三味線]
プログラム
  さくら さくら  朧月夜 竹田の子守唄 長唄 越後獅子 待ちぼうけ   浜辺の歌


お問い合わせ・チケットのご予約は備後千春(びんごちはる)までご連絡下さい info_p@yadanuki.sakura.ne.jp
 2012年02月25 日 投稿・便り
 フランス 大石さんからの便り  私の犬、名前ーLadyーがTruffeを捜しているところです。
 私の犬、名前ーLadyーがTruffeを捜しているところです。
  動画のたよりもありますが、まだH.Pでは見られません。
                           プログ サイトでどうぞごらんください。
 2012年01月31日 投稿・便り
 フランス 大石さんからの便り 「新年明けましておめでとうございます。
  フランスからの便り  大石 みち子

 遅くなりましたが皆さん新年明けましておめでとうございます 2012年の皆さんのご活躍をここFRANCEより。
 (Parisより 下、南西 600km Toulouse の近く)お祈りいたしております   
 今までもう春が来るのではないかと思わさせられるようなお天気が続いていましたが
 今朝、やっと零度 来週は朝-2,3℃になるらしく(午後は+6,7度)ホッとしています
 やはりこの地方では樫の木(この地方には沢山ある)やその他の木々、植物には一年一回の冬の寒さは必要です
 又私の住む周囲は樫の木の根の周りより Franceの有名な Truffesが獲れます
 このTruffesを捜すには、昔はTruffesの好きな豚を使ったりまたはTruffes がある所に卵をうみに来る特殊なハエ
 (ウジがTruffesを食べて育つ)を目当てに捜していましたが今は殆ど訓練した犬が捜します。  
 私の2匹の犬(写真参照)も Truffesを捜すように訓練しましたので11月―3月頃まで多くの人に頼まれてTruffes
 探しに出かけます。 Truffes を通じて 多くの人々との交際範囲が広がり嬉しことです。


 いつも霊南坂スカウトクラブ、楽しみに読ませて頂いております 
 今年も沢山の写真、News載せて下さい 
                                                                 大石みち子

   トゥールーズの情報 
 フランスで6番目の大都市。コンコルドやエアバス
 など航空宇宙産業の拠点であり、また1229年創設の
 トゥールーズ大学を中心に7万人以上の学生を擁する
 学問・研究都市の顔ももつ。

  
ローマ時代にさかのぼる古い歴史があり、9世紀に
 はトゥールーズ伯領として華やかな中世文化が開花。
 ルネサンス時代には藍染料や穀物の交易で大いに繁
 栄した。旧市街にはガロンヌ川でとれるピンク色の
 粘土からつくった赤レンガの家並みが軒を連ね、
 「バラ色の街」との異名をとる。
 現在は美術館として利用されているアセザ館な
ど、
                      瀟洒な邸宅も多い。                      名物料理は白インゲン豆の煮込み料理「カスレ」。
                      素朴な味を堪能しよう。



  2012年01月27日 投稿・便り
 米国 メリーランドから便りが入りました。
 
US.メリーランドから、BS.OB安積(ハッティー)さんからの便り。




 

 *** 2013年の来日をスカウトクラブ一同、楽しみにお待ちしております。 ***

 2012年01月14日 投稿・便り 
 パリ 在住 吉田 進さんからの便り
 

パリ、在住 吉田 進

巴里は記録的な暖かさの新年を迎えました。

年賀カード代わりに、拙作《木霊Ⅱ》~ピアノのための、を巴里在住の邦人アー
ティストが舞踊化した映像です。ご笑覧下さい。

***残念ながらまだYOUTUBEに対応できていません。***
 2011年09月29日 投稿・便り
 パリ 吉田進さんからの便り
 

2011年秋 
                                       
吉田 進 

 

 外国に住んでいるため、どうしても日頃ご無沙汰しがちです。そこで僕の近況報告も兼ねて、
パリの話題をお伝えしたいと思います。





《蛍の光》の歌詞に見る日本人の死生観

 地震・津波・放射能汚染といった大惨事に対する日本人の態度が、極めて沈着であり人間の尊厳を感じさせる、
とフランス人は賞讃を惜しみませんでしたが、それが何に由来するかを理解しているフランス人は、殆ど居ません。
言うまでもなく、彼我の自然観・死生観の違いによるもので、
 これは永年の滞仏生活の様々な場面で、僕が経験
して来たことでした。たとえば、《蛍の光》の歌 詞の違いを日仏で比べてみると、「別れ」というものに対する感性の
差が明らかになります(《蛍の光》を純日本製の歌だと思われている方も居るかも知れませんが、原曲《遠き昔》の旋
律はスコットランド古謡であり、原詩はロバート・バーンズがフリーメイソンの集会のために作ったものである
らしいこ
とは、拙著『フリーメイソンと大音楽家たち』〔国書刊行会〕で述べました)。日本語版(作詞者未詳)は「いつしか年
も、すぎの戸を、明けてぞ けさは、別れゆく」と、決然としているとまで
は言えないにしても、別れに対する覚悟は
感じられます。ところがフランス語の方は(《別れの歌》、スヴァン神父作詞)、「望みなしに別れなければならない
のだろうか?戻って来るという望みなしに?いつか再会するという望みなしに?兄弟たちよ、これは一時の別れに
しか過ぎないのだ」と、 敢えて言えば「往生際の悪い」心情が発露しています。彼らは別れというものを、受け入れ
られな
いのです。ましてや死という決定的な別れを、生と峻別した絶対的にネガティヴなものとして捉える、西洋の
二元論の現われが、ここにはっきりと見て取れます。


《エクアーレ~黙禱~》、東京で初演

 東日本大震災の被災者の方々に捧げた《エクアーレ~黙禱~》~3本のトロンボーンのための、が去る6月3日、
中渋谷教会にてコンテンポラリー・スライダー・ユニットの皆さんの演奏で、初演されました(「祈りから光へ」チャリ
ティー・マラソン・コンサート実行委員会主催)。お蔭様で折り良く一時帰国中の僕は、誠に感動的な瞬間に立ち
会うことが出来ました。初演の実現にご協力頂
いた方々、並びにご来場頂いた皆様に、厚くお礼申し上げます。

ヴァイオリン協奏曲《四季》試演

 7月10日に、フランス中部のユゼルシュ村で開かれた「第4回夏期オーケストラ・アカデミー」のファイナル・コン
サートで、ヴァイオリン協奏曲《四季》(フランス政府委嘱作)の試演が行なわれました。アカデミーに参加した生徒
たちによる「試演」とは言え、コンセルヴァトワール級の学生たちにプロの演奏家が加わった弦楽オーケストラが、
拙作の献呈者アミ・フラメールのヴァイオリン独
奏を、見事に支えた演奏となりました(ジェローム・ドゥヴォー指揮)。
各楽章は蕪村の俳句を素材
にしていますが、第1楽章「春の海終日のたりのたり哉」と、第2楽章「さみだれや大河
を前に家
二軒」の、同じ水を主題にしながら、穏やかな自然と、畏怖すべき自然の異なる様相に、改めて気が付か
ざるを得ません。フランス人から、「春の海を愛でるという習慣はフランスにはない」と指
摘され、僕は唖然としました。
自然に対する態度が、彼我ではこれほど違うのです。


能オペラ《隅田川》をシンポジウムで紹介

 9月1日から3日まで、ベルギーのルーヴァン大学で、「文献学と舞台芸術」と題するシンポジウムが開かれ、フラン
スの気鋭の音楽学者パスカル・テリアン氏(パリ国立音楽院教授)が、「《隅田川》~能からオペラへ」と題する研究
発表を行ないました。このシンポジウムは、オペラを主とする舞台芸術作品が、実際にどのようにして作られたかを
問うもので、ヨーロッパとアメリカから、多くの研究者が参加しました。18世紀オペラが中心のシンポジウムで、テリアン
氏が拙作を「21世紀の主要なオペラのひとつ」と位置付け、15世紀に観世元雅によって書かれた謡曲が、どのように
して現代オペラになったか、台本と音楽の創造過程を具体的に提示してくれたのは、身に余る
光栄です。

《祈り》が現代音楽祭「ミュージカ」で演奏

 バグパイプ独奏のために作曲され、去る4月の初演以来、再演が続いている《祈り》が、9月25日にヨーロッパ最大
の現代音楽祭「ミュージカ」(仏ストラスブール市)で演奏されました。バグパイ
プという伝統楽器が、著名な現代音楽
のコンサートに登場したのは、恐らく初めてでしょう。進取
の気性に富んだバグパイプ奏者、エルワン・ケラヴェックが、
自己の楽器の新しい音楽表現を開拓しようと、僕を含む8人の作曲家に委嘱したことが、注目を集めたのです。このよ
うにして、音楽
史の新しいページは、確実に綴られて行きます。

新作《恋する女》作曲中

 フランス国営放送局から、ソプラノと8人の奏者のための新作を委嘱されたのを機会に、以前からの夢であった、
《恋する女~小野小町の和歌による~》に取り組んでいます。「古今集」に収められた小町の和歌を幾つか選び、順序
を並び替えて、恋の誕生から終焉までを描きます。僕は今まで俳句は度々題材にして来ましたが(芭蕉、一茶、蕪村、
虚子)、和歌は能オペラ《隅田川》
に出て来る在原業平の、「名にし負はばいざ言問はん都鳥わが思ふ人はありやなし
やと」を除けば初めてとなり、三十一文字の面白さに夢中になっています。絶世の美女・小野小町は、これまでにも《あ
やめとされこうべ》、《卒都婆小町》で取り上げて来たものの、前者は髑髏、後者は百歳の姥の姿でしたから、これで
やっと美貌の彼女に逢うことが出来ました。本作は来年5月に、フラ
ンス国立管弦楽団のメンバーによって初演される
ことになっています。


朝日カルチャーセンター連続講座「フリーメイソンと大音楽家たち」

 毎年暮になると日本の津々浦々で響き渡る、ベートーヴェン作曲の《交響曲第九番》。その終楽章の「歓喜に寄す」
の詩は、ゲーテと並ぶドイツの大詩人シラーが、フリーメイソンの集会のために書いたものでした。では、あの歌のどこ
がメイソン的なのでしょうか。一体、ベートーヴェンはフ
リーメイソンだったのでしょうか。実際に作品を調べながら、これ
まで知られることのなかった《第九》に秘められた意味を、探ってみたいと思います。


     第8回「《第九》とフリーメイソン」 2011年11月3日(木・祝) 13:30

     問合せ・申込み 03-3344-1945

武藤記念講座「エディット・ピアフ物語」

 シャンソンの女王、エディット・ピアフは、波瀾万丈の生涯を送った人でした。貧困、失明、未婚の母、殺人嫌疑、麻薬、
事故・・・。恋多き女性でもあり、モンタンやムスタキを、世に送り出しました。そして私生活と切り離せない、名曲の数々。
《愛の讃歌》・《バラ色の人生》・・・。音と映像をふんだんに用いて、ピアフの生涯を辿ります。 


     大阪:武藤記念ホール 2011年11月19日(土) 13:30
     問合せ 06-6941-2433

放送大学特別講義放送予定

     「ラ・マルセイエーズ物語~フランスの文化と歴史~」

      ・2月5日(日) 19:00  ・3月30日(金) 13:45

     「シャンソンの女王~エディット・ピアフ物語~」

      ・12月31日(土) 12:00  ・3月7日(水) 19:00  ・3月31日(土) 13:45

  FM : 77.1MHzまたは78.8MHz (関東地方の一部)

  BSデジタル放送: 531チャンネル(全国)

 一時帰国中の講演予定

 朝日カルチャーセンター(新宿):「《第九》とフリーメイソン」11月3日(木・祝)

  名古屋音楽大学:「パリからの演歌熱愛書簡」11月4日(金)
  武藤記念講座(大阪):「エディット・ピアフ物語」11月19日(土)


10月30日より11月27日まで、一時帰国しております。何卒よろしくお願い申し上げます。

 2011年09月21日 投稿・便り 
 プロの写真家と巡る下町散歩ツァー --- 当日の写真は「思い出の小箱」スカウト写真館に収納しています。(工事中)

 写真家、清水さんと撮影のレクチャーを受けながら散策

  
千駄木駅通りを渡ると、その先に谷中銀座、「人にやさしく、 このあたりは、 根根千。 江戸を感じる街。ちょっと、江戸っ子気分     
夕やけだんだんと呼ばれる階段があります。
 

 
プロカメラマンのレクチャーを受けながら散策。         谷中の墓地 今田さんの墓参り
同じ場所でシャッターを押したのに、その出来栄えの違いにびっくり!
「まだまだ修行が足りません!」その訳は・・・?
 




 2011年09月07日 投稿・便り
  小宮忠紀より写真展の御案内
 『3.11 ユニセフ東日本大震災報告写真展』開催
 日本のカメラマンが総力で撮影した、子どもたちの「3月11日」
 東京展:2011年9月5日(月)~11日(日)
 東京国際フォーラム・ロビーギャラリー



 2011年09月07日 投稿・便り
 コンサートへのお誘い
 

コンサートのお誘い

 ガールスカウト4団のブラウニーでリーダーをされ、スカウトクラブ会員。

 OSAこと備後千春さんが、10月にコンサートをされます。 

備後さんはこれまでソプラノ歌手として、 霊南坂教会でもコンサートを行うなど、活躍して来られました。

☆詳細は笹本信子リーダー制作のチラシをご覧下さい。http://www.gs-tokyo4.sakura.ne.jp/dl/flyer.pdf

お問い合わせ・チケットのご予約は
備後千春(びんごちはる)までご連絡下さい。info_p@yadanuki.sakura.ne.jp



東急東横線の都立大学駅改札を出て、左へ進むと目黒通りに出ます。
目黒通りの都立大学駅前交差点を渡り、そのまま柿の木坂通りを直進します。
天神坂を登ると、めぐろパーシモンホールに到着します。
2011年07月20日 投稿・便り
 プロカメラマンが教える写真教室にいってます。 --- 当日の写真は「思い出の小箱」スカウト写真館に収納しています。(工事中)
 プロカメラマンが教える写真教室に行ってます
スタジオ・スペース写真教室 
 
 ガブ隊、清水隊長のスタジオで撮影の勉強を始めました。


基礎からしっかり勉強 ヤッパリ、プロは違うな!!!

出来の良い生徒のクラスでした。 全8回コースで覚え事がいっぱいです。

有限会社 スタジオ・スペース 〒103-0005 東京都中央区日本橋久松町9-5 ヤマショービル4F
TEL03-5847-2371
 アドレス:http://www.st-space.jp/
 2011年07月10日 投稿・便り
 BS OB.高橋弘長さんよりの便り
 OB.高橋弘長さんより「NHK教育TVまる得マガジン 暮らしにすぐ役立つひもとロープの結び方」
いつもメールを送っていただき有難うございます。 
鈴木国夫君(慶応ローバーの後輩でもあります)が推薦しているので、一冊買おうと考えて、先月29日、
出版社から直接手に入れてサッと目を通したのですが、同日慶応ローバースカウトOB有志の会合があり、
その場で鹿児島10団育成会長をしている上野氏が、「これは鹿児島のことも書いてあって大変参考になる」
というので、譲ってしまいました。また手に入れようと考えています。


著者は私の知り合い(この本のチラシをくれた人物ですが
スカウト活動には全く縁のない人)の知り合いで、私は面
識はありません。
本は皆さんの参考になればと思っています。


著者 森屋 啓 発行所 株式会社 日貿出版社
「地域力だ!ボーイスカウト
 そなえよつねにをモットーに



別件ですが、

NHK教育TV[まる得マガジン 暮らしにすぐ役立つひもとロープの結び方」

すでに見た方、あるいは再放送をご存じの方もあると思いますが、NH

K教育TVで[まる得マガジン 暮らしにすぐ役立つひもとロープの結び方」の再放送があるそうです。

大田15団の鈴木高さん(慶応ローバーOB)から添付資料の通り連絡がありました。

知り合いにも知らせて欲しいとのことでしたので、霊南坂スカウトクラブの皆様にも

お知らせしてはと考え、ご連絡する次第です。

なお添付資料には私信の書き込みがありますが、そのままお送りすることについては

鈴木さんの了解済みです。


2006年、2007に私が出演し、NHK教育TV放送されました番組のアンコール放送です。

ご覧いただければ幸いです。再放送は718日~814日です。


まる得マガジン 暮らしにすぐ役立つひもとローブの結び方

718日(月)午後9:5510:00  『新聞や雑誌を束ねる』

719日(火)午後9:5510:00  『靴ひもを通す、結ぶ』

720日(水)午後9:5510:00  『袋の口をしぱる』

721日(木)午後9:5510:O0  『荷造りをする①』

725日(月)午前11:5512:00 『荷造りをTずる②』

         午後9:5510:00  『物干し用ロープを張る』

726日(火)午前11:5512:00 
『荷造りをする③』

                    午後9:5510:00   垣根やさくをつくる』

727日(水)午前11:5512:00 『荷物に取ってをつける』

         午後9: 5510:00 『額縁をかける』

728日(木)午前11:5512:00 『バケツを上げ下げする』
              午後9: 5510:00 『こぷをつくる』


81日(月)午前11:5512:00  『携帯電話のストラップをつくる』

82日(火)年前11:5512:00  『コースターをつくる』

83日(水)午前11:5512:00  『ウオールハンガーをつくる』

84日(木)午前11:5512:00  『縄ぱしごをつくる』

テキストまる得マガジン 暮らしにすぐ役立つひもとローブの結び方

(増刷600円)は全国の書店にて530日に発売されています。結び文化研究所 小暮幹雄(結びの伝道師&結びびと)
 2011年06月03日 投稿・便り 
 「祈りから光へ」チャリティー・マラソン・コンサート  --- 当日の写真は「思い出の小箱」スカウト写真館に収納しています。(工事中)
 

BS.OB 吉田 進  「世界初演「日本への祈り」《エクアーレ~黙祷~》

 フランスは4月初め以来、チャリティー・コンサートがひっきりなし

 「祈りから光へ」チャリティー・マラソン・コンサート
 




東日本大震災の被災者の方々に捧げた
拙作《エクアーレ~黙祷~》~3本のトロンボーンのための
が完成したことをお知らせしたところ、フランスの各地、日本
、英国等から演奏したい」とのご希望が多数寄せられました。


演奏:コンテンポラリー・スライダー・ユニット
 6月3日(金)・中渋谷教会                     (トロンボーン:村田厚生、井上康一、秋永岳彦)
 
 


管楽器の華やかな演奏会文字どおり国内の管楽器の
トップクラス奏者による演奏です、
迫力満点のステージを堪能

  2011年05月05日 投稿・便り
 パリからの便り 
  BS OB 吉田さんから便りが届きました。

 2011年05月02日  投稿・便り
 パリからのたより
 

パリからの便り2011年5月号外

☆《エクアーレ~黙祷~》演奏決定

東日本大震災の被災者の方々に捧げた拙作《エクアーレ~黙祷~》
~3本のトロンボーンのための、が完成したことをお知らせしたところ、
日本か らフランスの各地から、そして英国からも、「演奏したい」とのご希望が多数寄せられました。
厚くお礼申し上げます。作曲家として、拙作が演奏される のは勿論幸せなことですが、
今回はそれ以上に、日本への祈りが世界各地で響くことを、心から嬉しく思います。
東京では以下のように演奏される 運び となりましたので、お知らせ申し上げます。
 吉田 進

6月3日(金)18時半開場 /19時開演 
於・中渋谷教会(渋谷教会と混同しませぬよう):東京都渋谷区桜ヶ丘8-22(JR渋谷駅南改札から徒歩5分)
会場へのアクセスは、次のホームページでご覧下さい:http://inoricon.exblog.jp
演奏:コンテンポラリー・スライダー・ユニット(トロンボーン:村田厚生、井上康一、秋永岳彦)
チケット:1500円

これは次のように、「祈りから光へ」チャリティー・マラソン・コンサート
(全12回)実行委員会が主催する、コンサートの一環として演奏され るも のです。

Brass Extreme Tokyo + Contemporary Sliders Unit
海外でも活躍する二つの現代アンサンブルがお送りする「金管楽器の500年」
グレゴリオ聖歌から中世・時報の音楽、ファンファーレと行進曲そして現代まで

<出演者>
トランペット:曽我部 清典、佐藤 友紀、熊代 祐子、前原 尚規
トロンボーン:井上 康一、大内 邦靖 、村田 厚生、秋永 岳彦
ユーフォニアム:小寺 香奈

<プログラム>
G.ガブリエリ/ 4声と8声のカンツォン
D.シュペール / 3本のトロンボーンのためのソナタ
G.ペーツェル / 午前10時と午後4時の音楽
G.ヴェルディ / 「ホースラッパ」によるアイーダ凱旋行進曲
A.コープランド / 市民のためのファンファーレより
古関 裕而 / スポーツショウマーチ
L.バーンスタイン / ウエストサイド・ストーリーより
J.カーナウ / ラプソディ
C.アイヴズ / 教会の尖塔と山々
F.ラーベ / トロンボーン4重奏のためのボロス(他予定) 
 2011年05月03日 投稿・便り
 榮村からのたより スカウトOBからSOS --- 当日の写真は「思い出の小箱」スカウト写真館に収納しています。(工事中)
 

忘れらた被災地栄村 (阪神淡路大震災を超える地震)

BS.OB渡辺さん在住。被災地で大奮闘 (スカウトの仲間からのSOS)
日本で一番自然豊かな山間の部落、栄村 
           
東日本大震災翌日、新潟県長野県県境の栄村で大地震発生
       
 

昨日まで自然豊かな部落も、様相をまったく変えていた 。
  

  


今回、栄村を訪れ村の方々の生の声を聞くことが出来ました。
復興への足掛かりとなる初期の物資供給は充足してきているものの、
今後の生活・生計に大きな不安と悩みを抱えている状況です。


これまでのように農産物を生産し、農協へ収めるだけでは到底
生活が出来ないと危惧する一方で、直売や新たな販路を作るノウハウ
などは全く持っていない状況です。


完全復旧には大変な時間と労力が掛かるとは思いますが、村の方々
と共に考え、ゆっくりでも一歩ずつ進んでいきたいと思います。
これまでのように自然豊かで、笑顔のある村に戻ることを祈って。


是非、皆様からもアイデア・情報があれば一報いただけると幸いです。

※以外と知られていない、野田沢のお米や野菜ですが、寒暖差の
大きい山間部だからこそ、美味しい農作物で来ます。

渡辺宅は家屋の被害無いものの、作業小屋の内部が散乱し、手がつけられない状態。 
片付けに大汗をかき奮闘。 
隣の集落の方が、なべさんを頼り現れる。(牛舎が損壊し再建の相談に訪れる。)